よし!「ねじの話」しよう! ねじですよ。ねじ!


子供のころ、環境柄、自宅兼工場とか、町工場の同級生が沢山いた。

中学生位になるとお手伝いしてお小遣いもらったりもした。

そのねじは1本ではいくらにもならず、何kgでいくらみたいな売価だったと思う。

それを毎日毎日作って磨いて、検査して、子供ながらに大変やなーって思った。



大人になったら何創ろうかと思いを馳せ、

できれば「ガンダム」を創れたらいいなと思っていた事は、家族にも話したことない。



脱線してもうた。

よし!「ねじの話」しよう! ねじですよ。ねじ!





4月から下の子も保育園に通うため、2人乗せられる自転車が必要!

そこで

電動アシスト自転車(前後にチャイルドシート)





いくつかの候補に絞り、自転車屋さんに行き、子供載せて、試乗して、

「ええやん」「楽やん」「最近良くみるアノ自転車じゃないし…」「この広告すき」

簡単に言うと「安心・安全・頑丈なのに、オシャレ」的な広告やった。


ワクワクをのせて、どこまでも。

↑ええやん。好きでっせ。こういうコピー



製品名「GYUTTO」

↑ええやん。このネーミングセンス好きでっせ!





購入決定して、いざ支払をするためにチャイルドシートを前後に取り付けてもらい・・・



その間、接客してくれてる店員さんは、この製品はいいですよ。安全でねー。

もしチャイルドシートがはずれても、タイヤに巻き込まないようにステーが他メーカーより1本多いんです。ドヤッ



トドヤッ顔が真顔に戻る寸前に、ピットクルーが小走りに来て。

「お支払まだですよね?」

「実は、チャイルドシート取り付けてた所、1本ねじが折れてまして・・・」

「ねじ1本抜くだけではなく、ステー全交換しないと安全を担保できないです」

「そのため本日の納車はできません」



そうそう、ステーはすておけー。って誰がやねん!!

何ーーーー。明日からの保育園送迎に使うつもりやったのに!2人乗せられる自転車が必要やのに!



ほら、みてみー。

ねじですよ。ねじ!





電動アシスト自転車を構成する部品の中で、最少部品である「ねじ」1本が不良のため、

高価な電動アシスト自転車売れない状態になってしもうてるやん!



基本の基本。全体を構成する最小パーツこそ、大きな役割を担い、1本では売る事もできないけど、それがないと全てを台無しになることを実感。



よし、今日もweb業界のねじ作るぞー。