お疲れ様です。赤荻です。

今回は僕のおすすめの映画を紹介します。

「ガタカ」

1997年公開、アンドリュー・ニコル監督

ガタカ

映画の全体的コンセプトは「劣等感に打ち勝つ」です。

遺伝子操作でエリートしか生まれない近未来が舞台。

自然分娩で生まれた「普通」の人間である主人公は、

どうしても宇宙飛行士になりたかった。

しかし、血液検査でエリートではないというだけで、

ろくな仕事にもありつけないのが現実。

近年研究が進んでいる遺伝子操作技術に対して疑問を持つ系の映画ですね。

結局主人公は夢をあきらめずに、エリートのフリをし、

人の100倍努力し、夢を叶えるのです。

 

「何ができて、何ができないのか、決めつけるのはやめてくれ!」

生まれついた環境や才能などは関係ないと教えてくれた大好きな作品です!