Maker Faire Tokyo 2015 プログラムガイド

(今さらだけど)Maker Faire Tokyo に家族と行ってきた。初めてのMaker Faire。ごく一部しか見れなかったけど、その中からさらに一部を紹介してみる。

目次


安定のゴム銃


ネットではだいぶ昔から有名な、日本ゴム銃射撃協会のデモ。
おそらくイベントには何度も出ているんでしょう。
場慣れ感がすごくて、しゃべりがとても上手。
全般的にシャイな方が多い(と思われる)
Maker Faireの中では、余計際立って感じられた。
テクノロジー系と違い分かりやすいこともあってか、
お客さんにとてもウケてた。

3Dプリンタ、実物見るのははじめて


スライドショーには JavaScript が必要です。

3Dプリンタは色んなメーカーのが並んでいた。
いわゆるメーカー製だけでなく、自作のも混じっている。
なにげに実物を見るのは初めて。

羽ばたくラジコン

これはインパクトあった。羽ばたいて飛ぶラジコン。
飛行機って3軸操作が必要になるはずなので、どうやってるか聞いてみた。
左右旋回は垂直尾翼についてるプロペラでコントロール、
ちょうどヘリコプターと一緒だ。
上下は羽ばたきの速度で。
左右傾きは言ってなかったけど、プロペラがあるので必要ないのかも。

ところでMaker Faireって?

全国のけったいなモノ作ってるイカれた(ほめ言葉)人たちが集まる、
けったいなモノをまとめて見れるカオスなイベント。
パンフには「家族で楽しめるMakerムーブメントのお祭り」とある。

Maker Faire TokyoはMakerムーブメントのお祭りです。ユニークな発想と誰でも使えるようになった新しいテクノロジーの力で、皆があっと驚くようなものや、これまでになかった便利なもの、ユニークなものを作り出す「Maker」が集い、展示とデモンストレーションを行います。多くのブースでは、実際に作品に触れたり、ものを作る体験を行うことも可能です。
開催概要 | Maker Faire Tokyo 2015 | Make: Japan

これは2014のビデオ。

以上説明おわり。

HMD+ラジコンロボ

プレステコントローラで動かすラジコンロボット…なんだけど、
おもしろいのがカメラを搭載していて、HMDに対応しているところ。
HMDを装着してあたりを見回すと、ちゃんとカメラが同期して動く。
ワクテカのHMD初体験…だったんだけど、
画質がよくなかったせいもあってか、ふーんてな感じ。

…だったんだけど、後から思い返してみると、
座ってラジコンを操作していた、という記憶はなくて、
その一角を回ってきたという感覚。
つまりラジコン=自分という体験になってるわけで、
これは凄いことなんじゃないかと、今さら思っている。
あとビデオ見てて気づいたんだけど、
マイク積んでヘッドフォンで音聞かせると、
もっと没入感が高まるのでは?

凸凹がへっちゃらなラジコン


説明してくれてたんだけど、よく理解できませんでした。
あとこれの名前が分からない。すいません…

タブレットで操作する月面探査機

「ハクト」の月面探査機。

いきなりガチなやつ。
Googleの宇宙開発プロジェクト「Google Lunar XPRIZE」に参戦する日本唯一のチーム、
「ハクト」の月面探査機。
タブレットには上から見た図が表示されていて、タップした位置に進むというインターフェース。
動作にはタイムラグがあるんだけど、実際に月にいったらもっとラグがあるはずなんで、
それを想定した操作系なんだろう。

空飛ぶチップスター

「徳島大学研究室」のマルチコプター

2つのダクトファンを持つマルチコプター。
2つのファンは回転を同期させてるわけではないので、
推力にムラができてバランスを崩しそうだけど、
向きを変えることで姿勢制御してるってことらしい。
ファンを下に重心を上にしてるのがミソみたいな事言ってた。

野菜を楽器に

野菜を楽器に

いろんな野菜がケーブルでつながっていて、
触るとそれぞれ違う音が出る。
仕組みを聞いたらたしか静電誘導とか言ってたので、
タッチセンサーと同じ原理だ。

マシンバンド

音はなんというか不協和音系で、子どもには不評。
空間に合わせ作曲をしつづける」とあるので、
プログラムで作曲してるみたい。

楽器を演奏するロボット

楽器を演奏するロボットたち。

スマホで空中映像

スマホ画面に簡単(そう)な道具を組み合わせるだけで、
空中に映像が浮かんでいるようにみえる。
スマホなのでインタラクションを持たせられるのがいい。
息を吹きかけると消えるローソクとかをデモってた。

アートぽいの

そうぞうの遊び

男の子なら照明のひも相手に
ボクシングの真似をしたことがあると思う。
これはその照明ボクシングを、
効果音で盛り上げてくれる作品。

超能力ぽい車いす


歩いてる男性が車いすを操作している。
歯を噛みしめることで操作できるんだって。
いっけん誰が操作してるのか分からないので、
超能力感がハンパない。

キッズゾーン

フラードーム

(なぜか)フラードーム!
子供が自由に工作していいコーナー。
折り紙とかストローとかテープとかマジックとか(なぜか)赤青メガネとか…。

外人さんがなんかくれた


3Dプリンタでつくった照明?のようなものを、子どもにくれたよ。

どうだったか

ぜんぜん見きれない!
イカれたヒト達がいっぱいいて嬉しかった。
子どもも楽しそうで良かった。
また来年も行きたい!

関連リンク

この記事に興味をもった方

Maker Faireのような楽しいイベントを開催したい方、
この記事を読んで弊社に興味を持たれた方、
こちらからお問い合わせください。


履歴

2015.10.02 メディアを見直し。順番を見なおし。
2015.09.03 alt直した。近況書いた。
2015.08.21 初稿

近況

このMaker faire行ったり、魔法の美術館行ったり、今年もICCキッズプログラム行ったり、はじめての富士サファリパーク行ったり。
今年の夏は、いろいろ行けて楽しかった。