理想のファイラーを追い求めるイメージ

最近使っているファイラーが、フリーウェアなのにとても良くできていることに感動したので紹介します。「FreeCommander」というWindows用ソフトです。

目次


理想のファイラーを探して

♪ずぅっと欲しかったぁ
ファイラ~~~
さっがしてた
手に入れた

そうです。そうなんです。
数年前からファイラーを探していたんだけど、
なかなかしっくり来るものが見つからなかったんです。

ファイラーてのは、
ファイルやフォルダを操作するソフト。
Windowsだとエクスプローラー、
MacならFinderのようなソフトのことな。

どんなのが欲しかったか。それは…

  • タブ型
  • 2パネル

タブ型のいいところ

皆さんタブブラウザを使ってるでしょうから、
改めて説明することもないと思うけど。

ウィンドウがひとつで済む

ウィンドウがいくつも開くと単純に邪魔だよね。
それにウィンドウの整理それ自体に
時間と意識を奪われる。

あっ!
ベビーメトロイドがっ
奪われる!

再起動したあとの復帰が楽

例えばWindowsを再起動したと思いねえ。
アプリを立ち上げ直したその時、

♪ヘッドライトに映し出しだされたのは
黒い肌に包まれたチキンジョージ
今日もあの気持ちのまま
ひとりで歩いてる

そうじゃなくて。

アプリを立ち上げ直したら、
たいていのタブ型アプリは当たり前のように
終了した時のタブを復元してくれる。

終了前の続きをやろうって時、
スッと続きに入れる。
頭の中まで復元してくれたみたいで、
心理的にすごく楽。

これってタブ型ソフトウェアの、
最も偉大な効能じゃないかと思っている。

なんで2パネルが必要なの?

2パネルてのはウィンドウが
左右2つに分かれているレイアウトのこと。
ファイラーだと2つのパネルに、
別々のフォルダを開いて使うことになる。

社内でファイルのやりとりをする時に、
共有のファイルサーバを使うんだけど、
必然的にファイルサーバと自分のPCとで
ファイルのコピーをすることが多くなる。

なので2つのパネルに、ファイルサーバ上のフォルダと
自分のPCのフォルダを開いておくと
ファイル操作が楽なんだよね。

この2つの条件を満たすファイラーが、意外となかなかなくて。
X-Finderというのを使ってたりもしたんだけど、
どうもしっくりしなくて止めてしまったり。

けど、そんなさすらいの日々もおしまい。

その名は「FreeCommander」

どどーん!

…よく見えないね。
うん。

その名は「FreeCommander」

どどーん!

FreeCommander: スクリーンショット

上に書いたタブ型で2パネルという条件を満たしてるのはもちろん、
めちゃめちゃ機能が豊富で困ったことがないし、
インターフェースもなかなかいいし、
ソフトウェアとしてとても良くできている。
海外製のソフトだけど、設定で日本語にできる。

それではこのFreeCommanderの機能の紹介を…
てのがよくある流れなんだけど、
公式サイトの「Main features」を見てもらえば分かるとおり、
機能が豊富すぎてとても紹介しきれない。

なので、気に入ってる点に絞って書いてみたい。

FreeCommanderの気に入ってるトコ

タブをロック

みんなは制作ファイルをどうやって管理してる?
ボクはプロジェクトごとにフォルダを作って、
さらにその中にhtmlとかpsdとかフォルダを作って、
ファイルを整理している。

んで、いくつかのプロジェクトを同時に担当しているのが普通なので、
タブごとにプロジェクトフォルダを開いておくと、
目的のプロジェクトのファイルに、すばやくアクセスできて調子がいい。

そんな時に役立つのが「タブをロック」。
タブを固定する機能はタブブラウザでも珍しくないけど、
こいつの気の利いてるところは、
「サブフォルダーへの移動のみ可」というモードがあること。
あのプロジェクトのタブがどっかいっちゃった…
ということがなくなる。

プロジェクトフォルダを開いた状態で、
タブを右クリックしてメニューから、
[タブをロック – サブフォルダーへの移動のみ可]を選ぶ。

FreeCommander: タブをロック – サブフォルダーへの移動のみ可

これでタブ=プロジェクトフォルダという状態で固定されるわけ。

さらに気の利いていることには、サブフォルダに移動しても
タブには最初に指定したフォルダ名が表示されたままになる。
つまり、ボクの使い方だとタブには常に
プロジェクトフォルダ名が表示されているので、
どのタブがどのプロジェクトかが一目瞭然なのだ。
やった!

フォルダーパスをコピー

社内で共有ファイルサーバを使っていると、
フォルダやファイルのパスをメールで送りたい、なんてことがよくある。
エクスプローラーを使ってた時は、

アドレスバーをクリックして、
右クリックして、
メニューからコピー

なんてことをやってた。
そんな冴えない日々とはもうお別れ。

FreeCommanderなら、
アドレス欄を右クリックして[フォルダーパスをコピー]。

FreeCommander: フォルダーパスをコピー

(書いてて気づいたけどエクスプローラーでも同じようにできるな。てへぺろ。)
じゃあこれならどうだ。

ファイル名をまとめてコピー

複数ファイルの名前をメールで送りたい。
送りたいとき~。

エクスプローラーの時は、1つ1つコピペするか、
ファイル名をコピーするためだけのソフトを使ったり、
コマンドラインから、dir > files.txt とかしてた。

そのファイルを選択した状態で、
アドレス横の[パスをコピー]ボタンをクリック。

FreeCommander: ファイル名をまとめてコピー-2

メニューから[フルパスをコピー]か[名前をコピー]をクリック。
これだけだ。

FreeCommander: ファイル名をまとめてコピー-2

そうFreeCommanderならね。

ファイル名一括変更

複数ファイルの名前を変更したいってこと、あるよね。
10個くらいなら、ちまちま手で変更しても
ちょっと面倒くさいくらいな話だけど、
それが数百ファイルだったら?

たまたま今担当しているプロジェクトがまさにそうで、
700以上の画像ファイルの名前を、
決まったフォーマットに変更しないといけない。
こんな時は「ファイル名一括変更」を使おう。

ファイルを選択してメニューから、
[ファイル]-[名前の一括変更…]でウィンドウが出てくる。

FreeCommander: ファイル名一括変更

文字列の置換はもちろんのこと、
オリジナルの記法を使うことでファイル名の
3文字目から5文字目までというような指定もできるし、
さらには正規表現も使える!

また、ダイアログじゃなくてウィンドウという点もひそかにポイントが高い。
おかげで開いたままで別の作業ができるからだ。

そうFreeCommanderならね。
ちょっと疲れてきたな…

フォルダ比較

2つのパネルで開いたフォルダ同士を比較できる!
いいね!

ファイルのコピー・移動

デフォルトではWindowsのファイル操作機能を使うけど、
設定することで独自のファイル操作を使うようにできる。
やった!

お気に入りツールバー

ツールバーにアプリを登録できるよ。
すごい!

ファイルフィルタ

フィルタ機能がダイアログとかではなく、
メインウィンドウ上にあるのがポイント高い。
意識高い。

ダブルクリックで上へ

Windows用ファイラーではよくある機能だけど、
ファイル一覧の空いてるトコをダブルクリックすると、親フォルダへ移動する。
便利。

拡張子列

ファイル一覧の列に「ファイルの種類」だけでなく「拡張子」を設定できる。
おかげで画面幅が狭くて済む。
この細やかな気づかい。

関連リンク

この記事に興味をもった方

ソリューションをお探しの方には、
ファイラーを探す以上の執念で、最適なソリューションを提案させていただきます。
こちらからお問い合わせください。


履歴

2015.10.02 メディアの設定を見直し
2015.08.21 キャプを追加
2015.08.05 目次と小見出しを調整
2015.08.03 スクリーンショットを追加
2015.08.01 初稿

近況

週末家族でMaker Faireに行ってきます。
はじめてなので、楽しみ楽しみ。
(書いてるのは8月1日)

今月の1曲