こん○○は!WEBディレクターのおおやです。

弊社では先日、年度予算を見事達成した!ということで、社員旅行に行ってまいりました。
その行き先は・・・

DSC01313

バリ!BALIでございます!

まばゆい太陽。カラっとした温暖な気候。きれいな海。美味しい食事、そして酒!
もう、南国気分満喫!・・・といきたいところですが、
せっかくの社員旅行、しかも海外だからといって、WEBサイトはお休みしてくれません・・・。
WEBサービスは、24時間・365日・年中無休でございます。

「電話がつながるかどうか!?」
「インターネットがつながるかどうか!?」

それは、WEBを生業とする者にとっては死活問題なのでございます。

きっと、私と同じようにインターネットが繋がらないと死活問題な、どこかの誰かの役に立つはず!
今回は、そんなバリの通信回線状況についてご報告いたします。

 

バリについて

ここでまずは、バリについてちょっと調べてみましょう。

バリ島(インドネシア語: Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島である。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共に第一級地方自治体(Provinsi)であるバリ州を構成する。2010年の島内人口は約389万人である。
Wikipediaより

日本からは、成田からの直行便で7時間とちょっと遠いですが、
時差は日本時間マイナス1時間と、時差ボケ(もそうですが、クライアントと深夜に連絡を取ることになったり)の心配のないとっても行きやすい場所です。
 

事前準備

 

インターネットの準備

まずは、宿泊先にWi-Fiが飛んでいるかどうか?をホテルのサイトチェックですね。
幸い、バリのリゾートホテルでは、大抵宿泊客向けにWi-Fiが完備されているそうです。

とはいえ、それだけでは移動中など心もとないので、海外で使用できるWi-Fiルーターもレンタルしておくと心強いです。

今回は、Global Wi-Fiをゲットしました。
1日定額670円で使い放題!という安心価格なのもありがたいですね。
 

携帯電話の準備

そして、忘れていけないのは、電話のローミング設定です。
通話に関しては、対応地域であれば(国際電話料金がかかるものの)特に不自由なく使用できます。
問題は、パケット通信です。きちんと設定しないとパケ死しちゃいます!!

各携帯キャリヤの設定ページを見て、事前に設定をメモするなり、プリントアウトするなりしておきましょう。
各社とも、特に事前申込み無しで、設定だけしておけば、海外パケット定額サービスを利用できる仕組みがありますので、しっかり活用しましょう♪

費用は、おおよそ1日2,000円くらいの模様。
モバイルWi-Fiルータが使えるのであれば、こちらの方が断然安いので、携帯電話のパケット通信はOFFにしてしまって、ネットはWi-Fi接続ONLY、通話専用にしてしまった方が安くてよさそうです。

iPhoneでは以下の設定をしておきましょう。

1. 最初に表示されるホーム画面から「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「データローミング」を iPhone オフ (オフ)に切替
※4G LTE対応の iPhone の場合 : 「4Gをオンにする」も併せて「オフ」に切替
 

Let’s Go to the BALI !!

というわけで、バリに到着しました。

DSC01376

到着したのは、デンパサール国際空港(ングラ・ライ国際空港)。
一昨年(2013年)9月に開港したばかりということで、ピッカピカです。

そして、ほぼ全域で空港のFree Wi-Fiが飛んでいます。
Wi-Fiをキャッチした後、ブラウザでログイン操作だけすれば、すぐに使用できます。
旅行者に配慮されていてありがたいですね。
 

ホテルでは?

そして、肝心要のホテルに到着です。
バリ南部のクタエリアにあるリゾートホテル。

DSC01185

何かあれば、ここに缶詰になることもありうる!!
ということで、念入りにネット環境をチェックしましょう。

IMG_2860
 

通信速度チェック(ホテルのWi-Fi)

IMG_2858

こちらのホテルでは、各部屋に無線アクセスポイントが設置されています。
良好な通信が期待できそうですね。

それでは、おなじみの BNRスピードテストを使って、速度を測ってみましょう。

ホテルwifi

下り 190kbps・・・!?

メールくらいなら問題無いですが、画像のやりとりなどをするにはちょっと辛い速度ですね・・・。
 

通信速度チェック(モバイルWi-Fiルータ)

IMG_2859

ではでは、せっかく借りてきたモバイルWi-Fiルータはどうでしょうか?

モバイルルーターw-f-

下り 570kbps・・・!?

ホテルのWi-Fiよりはよっぽど早いものの、やはりADSLにも劣るスピード。
よくよくモバイルWi-Fiルータの表示を見てみると「3G」の表示が・・・。そりゃ遅いわけだ・・・。

ネットにはちゃんとつながってます。メールのやり取りもできます。
けど、日本ほど快適なネット環境は期待できない・・・という感じですね。
 

こんなところでもWi-Fiが!

とはいえ、FreeのWi-Fiはかなり普及しているようです。

DSC01359

途中、こんな雰囲気の地元民が利用する料理店におじゃましたのですが、こちらでもお料理を頼んだ上でお店の人に頼むと、Wi-Fiのパスワードがもらえて使わせてもらったりできます。

というか、周りを見ていると、みなさんスマホでLINEが一般的なご様子。店員さんも暇になるとずっとスマホとにらめっこしてらっしゃいました。もはや万国共通の光景ですね・・・。
快適とは言えないものの、十分使えるレベルでネットが普及してますね。
 

でも、ここでは使えない・・・

ウブドの山奥に進み、バリ中央部に近い棚田エリアにやって来ました。

DSC01322

さすがにここまでやってくると、モバイルWi-Fiルータは、電波は拾っているものの「2G」の表示。
メールの受信も、10分ほど放っておいてやっと完了する様な状態で、ほぼ、ネットの利用は難しい状況です。

sensory」という、ユーザからの電波強度の報告を集めたマップを見てみると、南部のリゾートエリアでは「3G」が入るものの、中央より北側ではほぼ壊滅的と見て良いようですね。
色の塗られていないエリアが多いようですが、塗られていない箇所は「2G」でカバーされている(実質通信ができないので捕捉されていない)のだと思われます。

ちなみに、T-SEL(Telkomsel)では、南部地域を中心に「4G/LTE」の提供を始めているようです。
ですが、持っていったモバイルWi-Fiルータは4Gに対応していなかった・・・。残念っ!
 

事前の用意&確認は周到に!

クライアントからの、そしてサーバ管理者からの連絡は、いつ来るかわかりません。
メールの確認さえできずにあたふたする・・・なんてことにならないように、どの場所でネットを使えるか把握しておいてから出かければ、「とりあえずここまで行けばネットに繋がる!」と安心して旅が楽しめますね。
 

次回はあるのか!?

今回は「バリ編」でお届けしました。
次回は来年、無事社員旅行が達成されれば、他の地域からのレポートもお届けできるかも・・・?

来年に向けてがんばるぞー!

最後までお読みいただきありがとうございました。
 


「こんな場所でネットを使うにはどうしたら良いか?」という技術的なご相談から、
「海外で更新してほしい!!」という制作的なご相談まで、
あらゆるお問い合わせをお待ちしております。
こちらからお問い合わせください。