Google Analyticsって本当無料サービスとは思えない程の色々な機能が付いているんですよね。
ページの表示回数(PV数)や何人の人が来たのか(UU数)等の閲覧はもちろん、どのような検索ワードで訪れたのか、どのページからどのページに遷移したのか等など・・・。

取れる情報は全て取れるんじゃないか?と思える程の高機能。
サーバーの生ログ解析なんて面倒くさい事やってられなくなりますね。(もちろん、情報量は生ログの方が多いですが・・・)

という訳で、私が普段からよくやっている”Google Analyticsの使い方”を紹介しようと思います。

Google Analyticsの統計データは出来ればこのブログを使いたかったのですが、あまりにデータ量が少ないので私の個人ブログのデータを使っています。

検索キーワード、検索クエリを解析する

まず、PVやUUを見るのは当然として、私が一番気になっているのが「何の検索キーワードでサイトに訪れたのか」という所です。

Google Analyticsでは「集客>全てのトラフィック>チャンネル>Organic Search」から閲覧する事ができます。
Screenshot_1

表示されたキーワード一覧がこちら。
色々な検索キーワードが並んでいますが1位になっているのが「(not provided)」で、なんと2位の約80倍もの数値があります。
これは何かと言うと、SSL(HTTPS)で検索されたキーワードです。
Screenshot_2

SSLは通信が暗号化されてしまっているので、Google Analyticsでも解析する事が出来ないのです。
ちなみに、今ではGoogleサービスは全てSSLになっているので実質Google検索などGoogleサービス経由で訪れた人は全て(not provided)になってしまっているのだと思われます。

(not provided)になっていないキーワードはSSLになっていないyahoo!やGoo等の検索エンジンを使っている人という事になります。

では、この(not provided)の人達は解析する事が出来ないのか?という事になると思うのですが、”おおまかに”なら出来ます。

やり方はまず「セカンダリディメンション」の値を「ランディングページ」に設定します。
Screenshot_4

そうする事で、(not provided)の人達がどのページを最初に訪れたのかが表示されます。
これで、ざっくりと「どんな感じのキーワードで訪れたのか?」というのが分かります。
Screenshot_5

より正確性を高めたければ、それっぽいキーワードでGoogle検索を行って、目的のページ(ランディングページ)が表示されるかどうかを検証していけば良いわけです。
地味な作業ですが、これをやっていけば大体自分のサイトがどんなキーワードで引っかかるのかが分かってきます。

尚、この作業をやる時はシークレットモードやシークレットブラウジング等のCookieの影響を受けない環境で、なおかつGoogleアカウントからログアウトしてから行った方が良いです。

ちなみに、Google ウェブマスターツールのSearch Consoleと連動させる事で、”検索クエリ”を見る事もできます。
Screenshot_9

もしGoogle Adwords広告を出す予定があるのであれば、この”検索クエリ”を良く見て、広告がどんな所に出やすいのかを調査しておいた方が良いでしょう。
Screenshot_10


SNSからの流入を調査する

次に気になるのがSNS経由の流入です。
やっぱり、自分の記事がSNSで拡散されるのは嬉しいですから・・・。

Google Analyticsでは標準で”どんなSNSで拡散されているのか”を見る事が出来ます。
場所は「集客 > ソーシャル > サマリー」の中に入っています。
Screenshot_6

Twitterがダントツで、次にGoogle+ですね。
ちなみに、今回資料として使っているサイトではTwitterでの拡散に一番力を入れているので、Twitterがダントツなのはありがたいです。

Naverやmixiは私は一切関わっていないので、有志の人が勝手に拡散してくれているのでしょう。
ありがたいことです。
Screenshot_8

続いて、実際にどのURLが拡散されたのかを見ていきます。
「ページ > 共有されたURL」を見ると、どのURLが何件共有されたのかが分かります。
Screenshot_7

見ていくと、Twitterで多くリツイートされた物が上位に来ていました。
正直、SEO対策をあれこれ頑張るよりSNSの流入を上げるほうが手っ取り早いですし、結果が直ぐに出るので効果測定がやりやすいです。


アフィリエイトの為に、ユーザーの購買動向について調査していく

こちらの内容は「アフィリエイトでガッツリ稼ぐぞ!」とか「アフィリエイトで食っていくぞ!」といった具合ではなく、軽く小遣い稼ぎをする程度の内容の為、本業ブロガーの人達からすると全然対策がなっていない内容かもしれませんが、「これくらいやっておくと良いかも?」位の事を紹介します。

まず、アフィリエイトで一番重要だと思うのは閲覧ユーザーがどういうカテゴリに属しているのかという事です。
閲覧ユーザーが求める内容の記事を上げていく必要がありますからね。

カテゴリは「ユーザー > インスタント カテゴリ > サマリー」から閲覧する事が出来ます。
「アフィニティ カテゴリー」が閲覧ユーザーが属しているカテゴリです。
その横にある「購買意向の強いセグメント」というのが、バナーをクリックしたり商品を購入したりしたカテゴリの事です。
Screenshot_11

参考にしているサイトの場合、色々なネタの記事を上げているので「アフィニティ カテゴリー」はあまり役に立ちません。
カテゴリもバラバラですし・・・。

なので、「購買意向の強いセグメント」の方を重点的に見ていきます。

「購買意向の強いセグメント」の「セカンダリ ディメンション」を「ランディングページ」に変更します。
Screenshot_12

これで、どのページを見ているのかが分かりますが、index.php(トップページ)でうめつくされてしまいました・・・。
恐らくトップページでバナーをクリックした人が多いのだと思うのですが、これでは解析し辛いのでフィルタリングを行います。
Screenshot_13

右端にある「アドバンス」をクリックして、/index.phpを完全一致で除外します。
Screenshot_14

そうすると、2階層目移行のページがズラッと表示されます。
これを検証していく事で、どのページやどういったカテゴリに対してアフィリエイトを強化していけば稼げるのかが分かってきます。
Screenshot_15

参考にしているサイト場合、商品のレビュー記事が多めなのでレビュー記事関係が上位に来ていますね。

また、私が行っているアフィリエイトは主にAmazon アソシエイト・プログラムなのですが、”どの商品が何回クリックされたか”とうのの集計も行っています。
Google AnalyticsにはEvent Trackingという機能があり、JavaScript経由でのトラッキングも可能になっています。

よく、カルーセルやモーダルウインドウの表示回数をカウントする時にも使われるこのEvent Trackingですが、いわゆる「outbound link」の解析にも使えます。
私はAmazonの商品バナーにEvent Trackingを埋め込んで、商品名と商品コードをGoogle Analyticsに投げるように設定しています。
Screenshot_16

その為、このようにどの商品が何回クリックされたのかが分かります。
例えば、「Menu」はスマホのメニューボタンが押された回数、「PageTop」は「ページ上部へ戻る」を押された回数です。
B00から始まる物はAmazonの商品ページへ遷移するボタンを押した回数です。

後はAmazonアソシエイト・プログラムの管理画面から実際に購入された商品を見ていけば、何人商品を購入したのかが分かります。
Screenshot_17

という訳で、私がGoogle Analyticsでよくやっている解析や検証方法を紹介してみました。