Photoshop CC (2015)がリリースされましたね。
今回も便利そうな新機能が追加されたので、その一部を紹介しようと思います。

ちなみに、Photoshop CC (2015)のスプラッシュ画面はドヤ顔してるお姉さんでした。
Screenshot_8


同じレイヤー効果を複数設定出来る

Screenshot_1

逆に何で今まで無かったんだろう?という感じの機能です。
今までは複数の枠線を引くのに2つ以上のレイヤーを使ったり、枠線と虹彩を組み合わせたりといろいろ工夫をしていたと思うのですが、Photoshop CC (2015)ではデフォルトで出来ます。

とは言っても全てのレイヤー効果に対応している訳ではなく、

  • 境界線
  • シャドウ(内側)
  • カラーオーバーレイ
  • グラデーションオーバーレイ
  • ドロップシャドウ

の5項目のみのようです。


シェイプの角丸を自由に編集出来る

Screenshot_2

この機能を待ち望んでいた人も多いのでは無いでしょうか。
この機能が無い為に「sketch」に流れて行った人も居るのでは無いのでしょうか?

遂にこの機能がPhotoshopにも追加されました。

ちなみに、複数のシェイプの角丸も同時に編集出来ます。
Screenshot_7


アートボードを作れる(Illustratorのそれとは少し違うが)

Screenshot_3

最初「面白い機能だけど何に使うんだろう?」と思ったのですが、こういう使い方のようです。
見ての通りiPhone 5の画面とiPhone 6の画面を同じPSD以上で作成する事が出来るのです。

尚、アートボードのプリセットには予め様々なデバイスの解像度が登録されています。
Apple製デバイスが多めですね。
Screenshot_10


フォントのアンチエイリアスに「Windows LCD」と「Windows」が追加

Screenshot_4

ウェブサイトを作成する上で一番やっかいなのがこのアンチエイリアス。
アンチエイリアスの具合がデザインと異なってしまうのはもう仕方ない事なのですが、Photoshop CC (2015)のこのアンチエイリアス設定を使う事でその差異を極力抑える事が出来ます。


という訳で、私が使ってみて便利そうだと感じた機能はこんな所です。

Photoshopの進化はかなり早いですね。
特に今回のアップデートではサードパーティのプラグインや競合製品の良いところを吸収しているような内容が多い気がします。

おまけ

まだ色々バグってるっぽいです。

何として書き出されるのか(クリックしても何も起きませんでした)

Screenshot_5

何か文字化けしとる(この後、Photoshopがクラッシュしました)

Screenshot_6